小石川後楽園のお花見 | 桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
小石川後楽園のお花見

  黄門様(徳川光圀公)が手をいれて完成させたといわれている小石川後楽園のお花見の様子です。
和漢のテーマが詰まっている回遊式築山泉水庭の中に咲く桜は、後ろに東京ドームホテル、東京ドームや文京シビックセンターを配して、名勝と都会を繋いでいる、明るい春の日本の景色のように思えました。




Sakura_icon門を入って、左側の涵徳亭のそばにある大きな桜のほうへ向かいます。

小石川後楽園のお花見_1  先には、西湖堤と渡月橋があります。

小石川後楽園のお花見_2  桜の向こうに通天橋が見えます。

小石川後楽園のお花見_3  見上げると、桜が揺れていました。

小石川後楽園のお花見_4  渡月橋を渡って振り返ると、大きな桜が東京ドームホテルに重なってキレイです。

小石川後楽園のお花見_5  さらに進んで振り返ると桜の右側に涵徳亭が見えます。


Sakura_icon小蘆山の展望できる区画より、蓮池の入り口に架かる橋を見下ろしたところです。

小石川後楽園のお花見_6  橋と桜がいい感じです。


Sakura_icon一つ松のあたりに下りてきました。

小石川後楽園のお花見_7  上の写真の橋の手前です。

小石川後楽園のお花見_8  橋を渡って、大泉水方向を見ると桜越しに東京ドームホテルです。

小石川後楽園のお花見_9  大泉水のそばの桜。

小石川後楽園のお花見_10  桜の少し左の方を見ると、文京シビックセンターが見えます。


Sakura_icon少し入り口側に戻って、シダレザクラの前に来ました。

小石川後楽園のお花見_11  当日は、既に散った後でした。また来年来ます。


Sakura_icon後ろのほうを眺めると、最初に向かった涵徳亭のそばにある大きな桜が見えます。

小石川後楽園のお花見_12  桜の下に向かって列が続いてます。


Sakura_icon大泉水の周りを一周して、一つ松のところまで戻ります。

小石川後楽園のお花見_13  蓬莱島を間において、対岸より、蓮池の入り口に架かる橋が見えます。

小石川後楽園のお花見_14  木々の間の桜もいい感じです。

小石川後楽園のお花見_15  蓮池の入り口に架かる橋の手前に戻ってきました。


[撮影日は4月3日]


小石川後楽園のお花見の写真47枚のスライドです。
(上の記事の写真15枚の順に並んでいます。途中に32枚を追加して、計47枚です。最後の1枚は入り口の門です。)

『小石川後楽園のお花見』FLV 再生(要 Flash Player)







小石川後楽園は、1629年(寛永6年)に水戸藩初代藩主の徳川頼房が2代将軍徳川秀忠より邸地7万6689坪を賜ったときより始まります。
頼房が中屋敷(のちに上屋敷)を置き、作庭が始まりました。
1661年(寛文元年)光圀が水戸藩2代藩主となり、この頃より庭園の整備を始めました。

「後楽園」の名は、1669年(寛文9年)3月19日に朱舜水(しゅしゅんすい)がはじめて後楽園に招かれた際に書かれた「游後楽園賦井序」に初めて登場します。
この名は、北宋の大臣、範仲淹(はんちゅうえん)(989−1052年)の書いた散文「岳陽楼記(がくようろうき)」の中の「天下を以て己が任となし、天下の憂いに先んじて憂え、天下の楽しみにおくれて楽しむ」を出典としています。

(管理所で売られていた小冊子「小石川後楽園(Koishikawa Korakuen Gardens)」を参考にしました。)



 小石川後楽園は、文京区後楽1−6−6です。JR総武線の飯田橋駅から徒歩約8分です。東京ドームの隣ですが、入り口は飯田橋駅側にあります。

花の種類が多い、江戸時代の御薬園から続く小石川植物園は、文京区白山3−7−1です。
都営地下鉄三田線の白山駅から徒歩約10分です。



 次回は皇居東御苑、小石川植物園、お花見 (千鳥ヶ淵、六本木ヒルズ、、)の記事と順不同で続きます。




花の香りが好きな方は、下のバナーのクリックお願いします。
人気ブログランキングへ     ブログランキングのブログん家
(1日1回クリックしてくださると、励みになり、癒しの花の記事が増えます。)




本日もご覧くださいましてありがとうございました




blogram投票ボタン



posted by: 花谷翔 | お花見(桜) | 07:00 | comments(4) | trackbacks(0) | -
おはようございます。

東京とは思えないところばかりですね
東京に行くときは周りにビルばかりのところでしたからこんなにあるなんて私にとって発見です。ありがとうございます。
| うさぎ大好きママ | 2010/04/16 8:08 AM |
とっても、素敵でした。
| もも | 2010/04/16 7:41 PM |
こんばんは☆

久しぶりの更新はまたまた桜の花見でしたねσ(゚ー^*)
まだ続きがあるようで楽しみにしています。
前の方も書いていらっしゃいましたが、とても東京都内とは思えない光景です。

去年世田谷の遊歩道を散歩しましたけど、いろんな植栽があって、都会のオアシスを味わいました(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
| まり姫 | 2010/04/17 9:21 PM |
うさぎ大好きママ さん
コメントありがとうございます。
都内は、少し歩くと桜が咲いていますね。
小石川後楽園のように、江戸時代に造られたものは、
歴史を感じて、なんともいい感じです。
素敵な場所見つけたら、教えてください。
花谷
---

もも さん
コメントありがとうございます。
毎年、素敵な景色が見れるので、
来年は、もう少し、写すほうが、桜の美しさに
追いつくように、調査・調整しておきます。
花谷
---

まり姫 さん
コメントありがとうございます。
ホントウニ、コウシン、ヒサシブリ、なのですよ。
スローな上に、「*図の大忙し」という感じのHanayaです。
カレンダーが真っ白にならないようにと、思ってます。
六本木や千鳥ヶ淵も準備中です。
都内も、緑がいっぱいで、素敵な場所がありますね。
花谷
---
| 花谷 | 2010/04/18 6:44 AM |









この記事のトラックバックURL
http://cat8.rekishi2.com/trackback/319
トラックバック


Search
お気に入りに追加
お気に入りボタン   
グーグルに追加
Add to Google
New Entries
ブログラム
blogram投票ボタン
PINGOO!
メールフォーム
メッセージ
 おきてがみ外しています。
癒しの花
 アクセス数の多い順(3ヵ月間)に表示した花の記事です。
1. スカーレットオハラ、フラワーセンター大船植物園のシャクヤク2013
2. ライラック ビューティ、旧古河庭園の春バラ2013その3
3. 花の女王カトレアを川口市立グリーンセンターで観賞
Category
Recent Comment
  • エムパープル、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その7
    翔 (05/04)
  • エムパープル、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その7
    フウセンノ夢 もも (05/04)
  • ミラマーレ、京成バラ園の秋バラ2013その1
    萌音 (04/03)
  • ロゼール、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その5
    フウセンノ夢 もも (03/30)
  • エムホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その4
    翔 (03/28)
  • エムホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その4
    種まき子 (03/27)
  • エレガンスホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その2
    翔 (03/20)
  • エレガンスホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その2
    kiitan (03/18)
  • エレガンスホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その2
    まーる (03/17)
  • エレガンスホワイト、フラワーセンター大船植物園のラナンキュラス展その2
    フウセンノ夢 もも (03/16)
ライトアップ
 桜ライトアップの記事です。
八重洲さくら通りの桜
千鳥ヶ淵緑道の桜
西新宿常圓寺の桜
最近の記事
Archives
リンク
    [ 花 ]
アシタカ山荘 花の壁紙
    [ 美術館 ]
関東近辺の美術館めぐり
    [ 歴史 ]
しばやんの日々
    [ 北海道 ]
田舎都会からの便り
    [ お友達 ]
☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 フウセンノ夢(ももさん)
骨董品/骨董市ネットギャ
*♪* 花花花 *♪*
    [ リンク集 ]
ガーナビ〜家庭菜園
個人ブログリンク集 Blo-Lin
    [ 相互リンク ]
相互リンクサイト
相互リンク美容整形
    [ 休止中 ]
DREAM ON @LA
坂上たかおのオレンジの世界
そらのえ
あおぞらステイト テキサス
目次 Index
  名所案内
  都心副都心地区目次
  城東南西北及周辺地区目次
  目次2 | 日付順目次1
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM
Amazonサーチボックス
BlogUpp!
ケアプロスト